Logo for novels

前世療法(11)

案の定、その女性はキムだった。キムは佐代子たちのテーブルに来ると、正二に向かって、

「最近、どうも私を避けているように思ったから、後をつけて来たら、浮気していたのね」と目を吊り上げて言う。

佐代子は突然の成り行きに、戸惑い、正二の方を見た。二人の女に見つめられて、正二は明らかに狼狽していた。佐代子は、余りの居心地の悪さに、すぐに自分が退散すべきだと思い、

「二人で話をして。私は一足先に退散させていただくわ」と席を立つと、正二はすまなそうに佐代子を見て、

「ごめん。また後で電話するよ」と、言った。

後ろを振り向くこともなくレストランを後にした佐代子は、「ああ、またもはずれか」と、がっかりしたが、深入りする前に婚約者が現れて良かったと、自分を慰めた。

 家に帰っても、むしゃくしゃするだけだ。すぐに、玲子に電話をかけた。

玲子は、佐代子が正二とデートをするのを知っていたので、電話に出て来るなり、

「デート、うまくいかなかったの?」と言った。

「どうして、そんなことが分かったの?」

「だって、デートがうまくいったら、こんなに早くは電話くれないでしょ」

「ご名答。そうなんだ。レストランに婚約者が現れてね、私は退散したって言うわけ。これから家に帰っても、気がくさくさするだけだから、玲子と晩御飯食べるのもいいかなあって思って電話したの」

「なんだ。落ち込んでいる人のお相手をするなんて、御免蒙りたいわ」

「そんなこと言わないで。ご馳走するからさ」

「え、ご馳走してくれるの」と途端に元気を取り戻した玲子の声が聞こえ、

「今、どこにいるの?じゃあ、今から出かけるから、そこで待ってて。今日は高級料理をご馳走してもらうから、覚悟しておいてね」と言うと、電話が切れた。

玲子を待っている間、「どうして、こんなに落ち込むのかしら。先週会ったばかりの人なのに、私はもうあの人が運命の人のように思い込んでいる。いつものあなたらしくないわよ」と佐代子は自嘲気味につぶやいた。

 

著作権所有者:久保田満里子 

 

 

 

 

関連記事

熱気球

冬のメルボルンの風物詩

最新記事

じーぴー

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

べんとー

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

カレンダー

<  2020-02  >
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

2008年よりメルボルンを舞台にした小説の執筆を始める。2009年7月よりヴィクトリア日本クラブのニュースレターにも短編を発表している。 2012年3月「短編小説集 オーストラリア メルボルン発」をブイツーソリューション、星雲社より出版。amazon.co.jpで、好評発売中。

記事一覧

マイカテゴリー